FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
TOP新企画「Eroistic Style !!!」 についてEroistic Style !!! mint vol.1 c@n:d vol.1 honey vol.1小説

目指すぞ100匹!おすすめパンダちゃん!by 様 ※パンダちゃんクリックでおすすめ頂いた記事がご覧いただけますw※

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年04月06日 (01:34)

EQ2 ストーリー 026 (B面)

「アレキオール王子!ご帰還!」
エロイスト城、正面扉が重々しく開放される。

大回廊はまっすぐに伸び最奥には王座が備えられている。

あぁ。。。。入りづれぇ。。。。。

そこまでの長い道のりに城内の者たちが
軽く頭を垂れて立ち並んでいる。

おいおい。。。大袈裟だって。。。。いいのかよ。この状況で。。。

一番最初に駆け寄ってきたのはりらっくまだった。

うわぁ。来た来た。こいつの熱血漢には本当脱帽。
でも、こういう男がいないと規律が乱れるからな
って俺に言われたくねぇだろうな。。。

ひろと緑雨を従い更に奥へと足を進める。

ひろの野郎。。。。お陰で自分の歩き方忘れるとこだったぜ。。。

エレファントとゆい姫の姿が目に留まる。

あぁ。。。わるいことしたなぁ。。。。
まぁエレオがいりゃぁ心配ないか。。。。。

二人に近づき

「大変だったな。世話をかけた。」

アレキオールは労いの言葉を送った。

エレファントは思った。
うーん。王子になんて説明しようかなぁ。。。。。
姫の件になるとこえぇしなぁ。。。。

ゆい姫は思った。
今言っちゃったほうがいいかなぁ。
後からだと言いづらいしなぁ。。。。。。

アレキオールはゆい姫の視線が
エレファントに向けられているのを見て

おいおい。ラブラブビームが出てんぞ。。。。
意味もなく反対してみようかな。。。ひひひ。。。。
でもゆいは冗談通じないからやめた。。。。

つばさ姫はなんだか落ち着かぬ様子で、
なんでどきどきするんだろ。。。。。
兄さんもみずきって人のこと知ってるんだろうか。。。

アレキオールはつばさがなんだか緊張してるのをみて
相変わらず虚勢張ってるなぁつばさは、
あとで稽古つけてやるか。。。。。。
そんときが一番素直だからな。。。。。。

若菜姫はにっこり微笑んで
「つばさちゃん。照れくさいのよ。」

うーん。相変わらず面倒見がいいなぁ。。。。。
でも大丈夫か?若菜にはきっと酷だったろうな。。。。

若菜姫は水月とのことをみずきのことを
兄に話したい気持ちを隠せずにいた。

「若菜。つらい思いさせた。すまない。」

アレキオールは頭を下げた。

若菜姫はその一言で安堵の気持ちが溢れ涙した。

「王子。ひとまず。」

ひろは歩を進めるように言う。

さんきゅ。きっかけないと進めねぇよ。この状況。。。。

若菜姫の頭をぽんと撫でて歩を進めた。

アレキオールと歳の近いあいら姫は
落ち着いた様子で笑みを浮かべる。

「ちょっと遅すぎじゃない?」

あぁ。こいつと話すのはほっとする。
気兼ねなくしゃべれるのはこいつくらいだもんな。。。。。

あいら姫の気さくな笑みにアレキオールも

「悪い。あとでゆっくり話すわ。」

飾らぬ言葉がでてきてしまう。

。。。。。メズラシイ。。。。ククク。。。。。

となりにはサイがいた。

「王子。おかえりなさい。。。」

軽く会釈する顔があがると色々言いたそうだ。

この野郎、今伝心で話しかけてくるなっつーの。。。

。。。。ダッテ。。。スナオニモドッテクルナンテ。。。。

だぁぁぁぁ。うっせ!

ひとまず先を急いだ。

ドクターリンが真奈美姫に付き添っている。

「王子。お帰りなさいませ。」

おぉ、、、セクシー女医健在だなぁ。。。。。。
じゅる。。。。やめとこ。。。。CROWに殺されるわ。。。。

リンは一礼して真奈美姫の背中を押した。

視線を合わせようとしない真奈美姫。

お、おい。。。。なんだよ。。。。。帰ってきたのに。。。。

アレキオールも何となく視線が泳いでしまう。

気まずい空気にアレキオールが口を開いた。

「その。。。なんだ。。。。無事でよかった。」

真奈美姫は俯いたまま

「ごめんなさい。。。。。」

そういって床に涙を落とした。

だぁぁぁぁ。。やっべ。。。泣かしちった。。。。。
ひろ。。。。後は任せた。。。。。

アレキオールは歩を進め、後に続くひろが
真奈美姫を労った。

王座の手前。

かぁ。。。。ついにここまで来ちまった。。。。
怒ってるな。。。。確実に怒ってるな。。。。

CROWが膝を付き一礼する。

「ひとまず。今お迎えできる者だけで
お待ちいたしましたことお詫び申し上げます。」

。。。とか何とか言って怒ってるんだろ。。。。

CROWの言葉にアレキオールは

「皆を揃えてまで迎えなくともよかったが、感謝する。」

うわ。。。目があっちった。。。。
やっぱ怒ってるんかよ。。。。

そう言って王の前で膝まづいた。

「父上。お待たせいたしまして申し訳ございませんでした。
アレキオール帰還いたしました。」

そう言って一礼する。

「まぁとにかく無事戻ってなによりだ。
ひとまず休まれよ。話はそのあとじゃ。」

そういって王は立ち上がった。

「皆のもの。放蕩息子の為にこの混乱の最中
わざわざ出迎えてくれたこと親として礼を言うぞ。」

全てのものは深く礼をした。



「しかし。よく普通に戻ってきたね。王子。」

サイは新たなシステムをプログラムしながら
ひろに言った。

「あれが素直に戻ってくるわけないだろう。」

サイは楽しそうだ。

「あは。じゃぁ使ったんだ。あれ。」

ひろは思い出し笑いを堪えきれないようだ。

「くくっ。。。だめだ。。。。腹筋痛い。。。。」



シオンは風と共にアレキオールの刃に倒れた。

。。。ずいぶんあっさり消えてくれるじゃねぇか。。。。。

アレキオールは剣を鞘に収めた。

しかし。。。王子もよくここまで。。。。。

ひろは自分の能力が吸収されるほどの力に驚きを隠せなかった。

「とにかくあいつが完全によみがえる前に
手を打つ必要があることだけは確かだってことだ。」

ひろと緑雨はアレキオールの言葉に頷いた。

「じゃぁ戻ってサイとCROWに伝えてくれ。
何かわかったら教えてくれってな。」

そういうとアレキオールは背中越しの二人に
片手を上げて別れの挨拶をしようとした。

さて。。。。シオンの残像でも追いかけるか。。。。。。

ひろははっとする。

まずい。。。。また消えるつもりだな。。。。。

ひろは口ごもり何かを暗唱する。


歩を進めていたアレキオールの足がとまる。

な、な、な、、なんだぁ?!
身体が思い通りに動かねぇ。。。。。ひろか!

「て、、、め。。。。な。。。に。。。。し。。。た。。。」

ひろは噴出しそうになるのをじっと堪えているが
あきらかに肩が震えている。

くくく。。。。。なんていう顔してんの。。。。

「こ。。。。ら・・・・・」

必死に抵抗を試みるが身体がどうしてもいうことを利かない。

ようし。。。。今なら好き放題。。。にひ。。。。

「無理無理。クリちゃんそれ無理。だめーーー。」

アレキオールの頭から湯気が立ちそうな形相だ。

く、く、くり、くりくり。。。。てめぇ。。。。。

「だってすぐそうやってどっか行こうとするからさ。」

ひろは歩み寄ってアレキオールの正面に立ち止まった。

「これね。おれのオリジナル拘束術。しかも王子専用。」

鼻息を荒げる王子につい緑雨とキャスパーも笑いがこみ上げる。

だぁぁぁ。。。。。言葉もうまくでねぇ。。。。。

「悪いね。プリンス。CROWに必ずつれて帰って来いって
言われてるから。サイにも伝心拘束作用追加してもらってるからね。」

王子は両手両足ひろの思うままに操られ城まで連れ戻された。



「知らないよだんな。」

サイは腹を抱えて笑っている。

「まぁまぁ。あいつもそんなこと気にしてる場合じゃないから。」

ひろの顔にはご満悦の表情が隠せない。

遠くから叫ぶ声が近づいてくる。。。。。。

ひぃぃぃぃろぉぉぉぉぉ!!!!

アレキオールはひろ目掛けて突進してくる。

「げっ。」

ひろは逃げようとあたふたするが
すんでのところでアレキオールの襟元が引っ張られる。

「うげ。。。。。」

無表情でアレキオールをじっと見据えるCROW

「ちょっと。。。。。。お話が。。。。。」

そのまま連れて行かれるアレキオール。

ひろはほっと肩を落とした。

「ひろ。。。。。」

CROWが手招きする。

サイはひろに一言。

「い、行ってらっしゃい。。。。。」




。。。。。あいつはなにをつかんだ。。。。。

。。。おれの何を知った。。。。。

。。。。。。。このままではおかぬぞ。。。。

。。王子は。。。。。俺が。。。。。


カテゴリ : EQ2 STORY記事のURL コメント (17) トラックバック (0)

コメント

うほーっ!
A面の王子バージョンか!!
こんな書き方できるなんて、凄過ぎ。。

俺もCROW氏に説教食らうのか(汗
王子連れて帰ったから、許してくれよ。。。

ザッピングだ(笑)。
視点変わるのおもしろいね。

ちょっと遊びに来れてなかったけど
PC再インストールするのにデータバックアップしたり
再インストールしていろいろ入れ直したり
2,3日PCにかかりっきりでした~。
離れちゃったわけではないので!

このB面ってのも面白いっす!
王子達の心の声が絡み合っているとこなんて♪
そして やっぱり最後に謎めいた文章もあるし
( ̄□ ̄;)!!

んー、最後の声の主が不気味だ。。

ゆい姫に私のビームを分けてあげたいわ(爆)
もどかしいよぉ~~~!!!!
ゆい姫もっとラブラブビームで頑張るんだよぉ~~

ヾ ^_^ かおりで~す (*^o^*)コ(*^_^*)ン(*^ー^*)ニ(*^ー^*)チ(*^O^*)ワーー

現代見ていただいたみたいで。。。
ヾ(。'(エ)'。)ゞドモドモ♪

本人も(ノδ◇δ)ノびっくり!!でした。。あはは。。

これからも(^-^*)ヨロシク♪(^_-)ネッ

それで、A面って書いてあったのね。。前の話。。。
でも、それぞれの裏が見れて面白い~~!!

eroistさん凄すぎ。。
感謝。。感謝。。

上手い。

好き!

こうゆうの好き!!
このときこの場面で、他の人がどう思ってたか??とか…
なんかかっこいいですねvv
裏話ちっくだゎvvv

すごぉ~い

A面・B面にしようって思う発想が尊敬です^^
ひろさんと王子の関係もなんかいいですね~♪

>ひろさん
まぁとばっちり?www
ひろさん!近いうち行きましょう!
グルメの会!

>真奈美姫
ここは大人数だしこんなんも
ありかなと思って。
意外とすんなり受け入れられて
よかったよ。

>CROW氏
わかってますwww
きっと忙しいのだろうと。
本編いよいよCROWに
動き出してもらう予定。

>天六さん
楽しんでもらえてよかったです。

>といちさん
お?といちさんなら判ると思ったがw

>ドクターリン(CROWの伴侶)
もどかしいでしょ!www
そこがいいんだがや!!

>かおりさん
どもども。こちらこそ。www

>エレファントさん
まぁそういうことwww
こんなんもいいでしょ?

>ひなさん
お粗末!ww

>雪さん
まぁバカ王子の心境はこう表現
するのがすんなりかなぁとwww

>サナちゃん
補足が必要だったんですね。
この部分には。

(-ι- ) クックック

>あいら姫
なんだよそれwww

グルメの会!
了解ですですっ!!

>ひろさん
なぬ!では都合良い日をメル願いますww

視点を変えてって面白いですね。

王子の襟元ひっぱるってそんな無礼でいいのかCROW(笑)
いいかあの王子ならw

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://eroist.blog11.fc2.com/tb.php/560-91dcb50d

カウンターアトラクション

綺麗レーベル
日々来場ご感謝なり♪

アダルト検索エンジン登録支援ツール
Yahoo!ブックマークに登録Yahoo!ブックマークに登録

おすすめ情報

バナー置き場


2009-150x150banner
150x150pixel
2009-150x50banner1 150x50pixel
リンクフリーです。
バナー使ってくださいましw

ともだちんこうしん情報

プロフィール

eroist

  • Author:eroist
  • capsule Perfume 中田ヤスタカ YMO 80kidz 宇多田ヒカル 椎名林檎 布袋寅泰 MEG 鈴木亜美 ONEPIECE BLEACH NARUTO FFⅦ 西尾維新 京極夏彦 海堂尊 BEARBRICK お姉ちゃん 尻 S 着エロ

    リンクフリー大歓迎!
    おてまみもくださいね!




    〓 パコパコサーチ 〓
    バスティー東京
最近のコメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

動画系サイト様

動画系アンテナサイト様

画像系サイト様

フェチ系サイト様

個人エログ様

Appendix


4大ライブチャット生実況!

FC2ライブ

DX Live


EX SHOT


カリビアンコムガール


見てるだけでもいいことあるかも?
気に入ったコいたら即インすべし!

自動アクセスランキング

アクセス解析

画像系サイト様 更新情報