FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
TOP新企画「Eroistic Style !!!」 についてEroistic Style !!! mint vol.1 c@n:d vol.1 honey vol.1小説

目指すぞ100匹!おすすめパンダちゃん!by 様 ※パンダちゃんクリックでおすすめ頂いた記事がご覧いただけますw※

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年05月16日 (23:31)

EQ2 ストーリー 000-6 crow&manami&...

祝!CROW氏 なんかアダルトな感じ☆のBlog 1st Anniversary !
祝!真奈美っち 彼氏にはないしょ 1st Anniversary !

まんこ得な人達もいっぱいいるみたいだけど
みんなペース上がってきてるよねw
今回は一周年な人にお祝いストーリーだす。
本当はもう少し先に書こうと思ってた
この前の少年時代の後日譚からスタートです。

うまく本編に繋がるかどうか。。。。www

ひな姫と真奈美姫は数日の逢瀬にいろんな話を咲かせている。
好奇心旺盛な二人の会話は溜まっていたいろんな話題を
次から次へと話し合いいつまでも続きそうな勢いだった。

「ふぁ。。。。よくしゃべるなぁ。。。。」

「まったくだぁな。。。。」

黒船の甲板に寝転がりアレキオールとひろは昼寝している。

隆々と湧き上がる入道雲が面白いように形を変え
二人は太陽の眩しさに目を細め日差しの暖かさで
今にも昼寝を始められそうな状態だった。

「ねぇ。あの子またあそこにいるよ。」

真奈美姫は見張り台の柱に寄りかかる少年を見ていった。

「あぁ。鬼鷹さんの。」

ひな姫も彼の姿を見てにこりと微笑む。

彼はそれを見ても表情を変えずただ先のほうをずっと観ていた。

「怒ってるのかなぁ。。。。」

憮然とした彼の様子をみて真奈美姫は心配する。

「うふふ。そんなこと無いと思うよ。いつもあんな感じだし。」

ひな姫はそういって真奈美姫の心配をなだめた。

「いつも?ってひなちゃんお友達なの?」

ひな姫は少し俯いてから話し始めた。

「うーん。お友達になりたいけど。あまりおしゃべりしないし。
からすくん、、、、。私の護衛役をしてくれてるから。」

真奈美姫は目を丸くしながら話に聞き入っていた。

「からすくんっていうの?あの子。」

「うん。烏丸くん。」

「なんか面白いね。お父さんが鷹であの子は烏だなんて」

「うん。面白いね。」

烏丸を見ながら二人はにこにこと会話をしている。

彼はそれに気づいたのか自分のことを話してるらしく
反対側の視界にそっぽを向いた。

背いた視界の先にはだらしなく寝転がる二人が見えた。

「うーん。気持ちいいなぁ。。。。ねむぅっくなってくろれらり。。。。」

薄目を開いてみるとそこにはこちらをみて鼻で笑う少年の顔が見えた。

「笑った。。。。」

ひろはアレキオールの顔をみると

「何が?俺笑ってねぇけど。。。」

とアレキオールに言う。

「そうじゃねぇって。あいつ。笑いやがった。。。。」

なんだか小馬鹿にされたような気がして怒りが湧き上がってくる。

相手の顔をじっと見ていると再度少年の顔がこちらをみて笑っていた。

「ふぬ。。。。ぬぬぬ。。。。。」

アレキオールは立ち上がって少年を睨みつけた。

「やい!そこの少年!人の顔みて何がおかしいんだ!」

びっと指差し更に睨みつけて叫ぶと相手も睨み返して来る。

ようやくひろは二人のやり取りに気づいた。

「少年って。。。。お前もだろ。」

ひろはアレキオールに水をさす。

「だぁぁ。。。今はそういう突っ込みいらん!!」

ひろは腹を抱えて笑っていた。

ひろの視線と少年の視線が重なった。

「むむ。。。。?」

少年はひろをみて鼻で笑った。

「あぁぁぁ!!あいつ笑ったぁぁぁ!!!」

鼻を膨らませてぷりぷりするひろ。

「おせぇって。。。。。。」

アレキオールはひろにもいらいらする。

「おい!降りてきやがれ!!」

ひろの方がエスカレートしていく。

アレキオールはひろを観て少しひいた。。。。

「ま、まぁまぁ。。。。。」

ひろをなだめるアレキオール。

少年は見張り台の淵に飛び乗った。

腕を組んでこちらを見据える少年。

「お、おい!!!あぶねえって!!」

アレキオールは少年に叫んだ。

ひろも目を丸くして見上げる。

「ま、まじかよ。。。。。。」

少年はとん。と淵を蹴り上げた。

下にいる二人はそれを見て度肝を抜いた。

「ぬぉぉぉぉぉぉ!!!」

少年の身体がすっと空中を舞う。

見る見る二人の下へ降下していく。

「わ、わぁぁぁぁぁ!!!!!」

二人はたまらず尻餅をついた。

二人の前に音もさせずに降りる少年。

二人は少年の顔を口を開けたまま唖然とした表情で見る。

「く。。。。ぷぷっ。。。。」

無表情に見えた少年の鼻が膨らんで思わず噴出した。

「て、てんめぇ。。。。。」

アレキオールが少年の胸倉目掛けて飛びかかろうとしたその時。

「どうしたのぉ?」

ひな姫が駆け寄ってきた。

飛んだ飛んだと大はしゃぎしながら真奈美姫は後をついて来た。

「い、いえ。。。。」

少年はひな姫の足元に膝付いた。

「なんだその!なんだその扱いの違いは!!!!」

アレキオールがじたばたする。

振り返りきっと睨み返す少年。

「からすくん。ごめんね。バカな兄貴で。」

ひな姫の後ろから真奈美姫が少年にひとこと。

「むきぃぃ!!ば、ばかっていうな!!!」

あまりのじたばた加減にひろは呆れてアレキオールの身体を
羽交い絞めにする。

少年はばつが悪そうな顔でひな姫の顔を見上げると。

「は、話したんですか。。。。」

ひな姫は少年の顔が少し赤らんでいるのに気づいた。

「だってからす君はからす君じゃない。」

そういって真奈美姫と二人で微笑んだ。

ますます顔が赤くなる少年。

アレキオールはひろの腕を振り解いて少年の顔を覗き込んだ。

「。。。。。。。あかがらす。。。。。」

アレキオールは少年の耳元でそういうとにやけた。

少年の腕がアレキオールの胸倉を掴む。

アレキオールも負けじと少年の胸倉を掴んだ。

「やるか。。。。。」

「上等だ。。。。。」

二人は今にも殴りかかりそうな勢いで牽制しあう。

一触即発な状況にひろも二人の姫も一瞬言葉を失った。

「お、おい。。。。。。」

ひろが止めに入ろうとしたその時

デッキの戸が開いてオトコが手を叩いて近寄ってきた。

「おお!いいぞぉバカ息子!!!!」

鬼鷹は少し酔っているようだ。
近づくなり酒の匂いを撒き散らしている。

「いいの?でも。。。。。」

ひな姫は心配そうに鬼鷹の袖を引っ張った。
真奈美姫も真似して反対の袖を引っ張る。

鬼鷹は二人を軽々持ち上げてにこりとして言う。

「さぁ姫君達よ。いずれあなた達を守る為に生まれてきた
勇敢な戦士達の腕試しだ。とくと拝見しようじゃないか。」

そういって大きな声で笑った。

なんだか鬼鷹の笑い声にやる気をなくした二人。

どちらともなくお互いの腕を解いた。

「お前。自分の名前嫌いなのか。。。」

アレキオールは突然少年に尋ねた。

「。。。。嫌いじゃないけど。。。。。。。」

奥歯に物が挟まるような受け答えにアレキオールは苛立った。

「親に付けてもらった名前だろ。胸張りやがれってんだ。」

アレキオールの意外なひとことに少年は一瞬戸惑った。

ただのバカではないようだ。。。。。

アレキオールはそういうと甲板に再び寝転んだ。

ひろは少年の肩を掴んで言った。

「あいつさぁ。ただのバカじゃないだろ?」

そういって少年の顔を見つめる。

「う、うん。。。。。」

少年は自分の心のうちが見透かされたような感覚に
何か暖かなものを感じた。

「ほぉ・・・・・・・・」

鬼鷹はその光景を目のあたりにして感慨深げに見つめていた。

「なぁに?どうしたの?」

鬼鷹のめずらしい表情にひな姫は興味を持った。

「いや。あいつがあんな表情するんだって思ったもんだから。
人前で自分を出さないひねくれ坊主だからさ。
あいつは生まれてずっと俺といっしょに海の上だろ。
あいにくこの船にはあいつと同じ年頃の仲間はいやしない。
大人の雑な生き方にどっぷり漬かっちまってるから、
それにあいつは母親の顔も知らないからな。
親父もこんなで甘え方を知らないで生きてきたからな。」

淡々と語る鬼鷹の顔をまん丸な瞳で真面目に見つめる二人の姫。

鬼鷹は思わず二人をぎゅっと抱きしめた。

「鬼鷹さん。くすぐったいよぉ。」

二人の姫は鬼鷹の無精髭を触ってくすくす笑った。

「なぁ。どうやったらあんな高くから飛べるんだよ。」

ひろは烏丸に臆びなく問いかける。

「しゅ、瞬歩の応用なんだけど。。。。忍びの術の一つさ。」

烏丸はひろのペースに飲まれていた。

しかしこの状況に何故だか高揚する気持ちが抑えきれなかった。

今まで感じたことの無い感覚。

もし兄弟や仲間がいたとしたらこんな感じなんだろうか。

ひろは少年の肩を抱きながら足でアレキオールの身体を突付いた。

「おい。瞬歩だってよ。すげぇよなぁ。」

ひろの足で身体を揺すられるアレキオールはひろの足を払いのけた。

「あぁすげえ。たいしたもんだ。あははは。」

完全に不貞腐れた表情のアレキオール。

ひろは烏丸にそっと打ち明ける。

「あぁは言ってるけどあいつのほうが知りたくて
うずうずしてんだぜ。見てみ。耳。」

烏丸はアレキオールの耳を見るとぴくぴくしていた。

「な。気になることがあるとあいついつもああなるからさ。」

ひろはそういってくすくす笑った。

烏丸はいつしかひろに心を開いていた。

そして同じようにくすくす笑うと。

「王子。よろしければお教えします。」

そういってアレキオールの後姿に膝付いた。

ゆっくり振り返るアレキオール。

烏丸の顔は少し笑みを浮かべている。

なんだかくすぐったい感覚に
捕らわれるアレキオールは頭を掻きながら。

「じゃぁ。その。。。頼むわ。」

そういって立ち上がった。

いつの間にか三人は肩を組みながら
見張り台のポールに向かって歩いていた。

「仲直りしたねぇ。」

真奈美姫は三人を見てニコニコ笑った。

「姫君たちもよおく覚えておくんだぞ。
オトコはバカなほどいい。ってな。」

鬼鷹は二人の姫に優しく告げた。

「バカだけどなんかいいね。」

少しお姉さんな話し方で鬼鷹に応えるひな姫。


遠くから奇声のような悲鳴のような声が飛んでは落ちた。

「うぎゃぁぁぁ。。。。。。。。」

「ひょぇぇぇぇ。。。。。。。。」

奇声の主は二人のバカのようだった。

烏丸は腹を抱えながら笑っていた。
しかしあの二人はすごい。
少しコツを教えただけでなんなく瞬歩を身に付けている。
奇声を発しているのは経験ない高さからの落下に
気持ちがまだ臆病になっているだけだ。

半分泣きっつらの二人は何度も落ちては昇ってくる。

涙と鼻水でぐちゃぐちゃのアレキオールは
ぜぇぜぇ言いながら見張り台に昇りついた。

思い切り鼻をすすってから。

「おい。からす。お前、俺の家来にしてやるよ。」

そう言って腕を組んだ。

烏丸も同じように腕を組んで言った。

「おい。クリ毛。お前は俺が護ってやるよ。」

二人はそう言いあって笑いあった。

「なぁ。お前、親父の名前に負けてるのがやなんだろ。」

アレキオールは飾ることなく率直に言い放った。

そうなのだ。幼い頃から親が鷹で自分が烏という安易な思いつきで
付けられたような名前に納得いかなかった。
そして親父は鷹のように勇猛で憧れで
名前から負けている自分にコンプレックスを感じていたのだ。

「俺もさぁ自分の名前きらいなんだよ。じいちゃんの名前と同じだぜ。
しかも俺が大人になって結婚して子供できたら親父の名前つけなきゃ
いけないんだ。そういう習しなんだと。納得いかねぇぜ。。。。」

自分のことも飾らずに話すアレキオールに烏丸はますます心が揺れた。

「そうだ。今日からCROWって名乗れよ。烏って意味だけど。
こっちのほうがかっこいいべ!なぁ!」

自分のことのようにはしゃぐアレキオールに思わず感激した。

「おぉ。いいじゃない。CROW。かっこいいよ。」

ひろも納得したように頷いて笑った。

「ひょぇぇぇぇぇ。。。。。!!!!」

言い放つとアレキオールは甲板目掛けて落下していった。

それにあわせるようにCROWも落下していく。

二人は同じような足取りで音立てず甲板に降り立った。

「おぉ。。。。。着地も成功した。。。。なぁ。」

アレキオールはご満悦でCROWに話しかけながら立ち上がった。

CROWは膝を突いたまま頭を下げる。

二人の姫をそっと降ろして鬼鷹もCROWの横に膝付いた。

「王子。バカ息子をよろしく頼みます。」

甲板に頭が付くほど深く礼をする鬼鷹。

なんだかくすぐったい光景にアレキオールはどぎまぎした。

そして

「よろしくたのむ。」

そういって深くお辞儀をした。

「いい仲間に巡り会えたなぁ。。。。。。」

鬼鷹はCROWの頭をくしゃくしゃにしながら涙した。

CROWも素直に頷いた。






なんて懐かしいこと思い出してんだ。。。。。。。。。

身体中の傷口からおびただしい量の血が流れている。

。。。。。。。虫の息もないわ。。。。。。

男はそう言い放つとCROWの身体を蹴り上げた。

。。。あの数の軍団をよく一人で切り抜けてきた。。。。

。。。。。。。でもここまでだな。。。。。。。。。。

微かに聞こえる声に反応する気力も失せていく。

それであんな懐かしいことを。。。。。。

薄れる記憶の中でそう思った。

見上げる天空に大きな入道雲が動いていく。

鈍い空の色の中、一点の影が段々近づいてくる。。。。

聞き覚えのある奇声を放ちながら。。。。。

「ひょぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!」


000-6 crow&manami&... 完
カテゴリ : EQ2 外伝記事のURL コメント (15) トラックバック (1)

コメント

バカの一人です(爆

しかし、これが本編に続くとすると、親方様の大ピンチじゃないですか!!!

「ひょぇぇぇぇぇ!!!!!!!」

いけねっ!!
書き忘れた!!!
80まんこえ♪おめ~~~☆

かしこそうなひなちゃんと、おバカそうな真奈美でおもしろい(笑)。
でも最後が気になるよー?

それにしても。
男の子は可愛いねぇ。

お話の続きが気になりますっ。
80万ヒットおめでとうございます。
プレゼント用意しましたので
遊びに来てくださいね~♪

80万HITおめでとうございます☆
にゃん、幼少時期の続きだぁ^^
CROWさんのカワイイww

eroistさん、80まんこえおめでとうございます♪
遅くなりましたが、このたびは
包帯コラボに参加させていただいて、ありがとうございました!!
とっても楽しかったです。。☆
まだ包帯サイトさま、回りきれてないので、
しばらくは徘徊してると思いま~す。。
また機会がありましたら、遊ばせてくださいねっ♪

わ、わ、わ、今もう一回読み直したら…
本編は大変な事になってるhttp://blog11.fc2.com/image/icon/i/F9A8.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">
ふにょぅ…ピンチを切り抜けて欲しいです。

80万HITおめでとうございます!!
ほんま未来少年コナンを見ているようでした。
こういう話が大好きな天六でした♪

CROWさん、真奈美さんの1周年おめでとございます。
ひょぇぇぇぇ…の連発
超ウケましたww

えーん からす君死んじゃったら ひなは誰が守ってくれるのーっ!!!(大泣き)

そうそう、男子はバカほどかっこいいんだよねw
80万こえおめでとう おにーちゃんw

時代背景がおもしろい・・
そか、こうやって現在に至る、なのですね♪
包帯コラボおつかれさまでした☆
そしてそして!
80マンHITおめでとーございます!

祝☆

80まんこえおめでとーございまする♪
これまた少年時代のお話がとても面白い!
んが・・・最後の部分はちと気になりますなぁ。。
ひょえぇぇぇぇぇぇ と飛んできた光景は頭に浮かびましたが。。(笑)

祝80まんこぇおめでとうございます~♪

悪ガキ三人の出会い&絆を面白く書いてていいんでないかい。。
おいら好きだ~~~~♪
双子の姫たちも可愛く書いてあるし。。

でも、最後が気になりますな~!!
上から降ってくる方にも興味が惹かれますが・・・

ありがとうございます☆

3人は少年時代から友達だったんだ。
なんとも微笑ましい(*´∀`)ウフフ

でもかなりヤバい状況になってる…大丈夫か俺!?

>ひろあにい
そうなんですw
ピンチなんです。
CROWもこの物語をどう本編に
つなげようと悩むおいらもww
そしてありがとうでしwww

>真奈美姫
おバカじゃないのよ。ww
どっちかというとマイペースww

>うさぎちゃん
ありがとうでしたw
そのピンクいお尻に
顔埋めていいですか?www

>サナ姫
www
ひねくれ加減もいいでしょ?ww

>かえでさん
番外編画像もすんばらしかったww
かなりお気に入りな尻画像ですw
次回も是非参加してくださいww

>天六さん
それはよかったですww

>ひな姫
ありがとww
烏は。死なないですww

>ひなた先生
ありがとうございます。
そうなんです。こうして3人は
続いていくのでスwww

>あいら姫
そうですかwww
それはよかったwww

>エレファントさん
これまたどうしようかとw
誰が降ってくるか。。。。。。ww

>CROW氏
そうです。
そして先の大戦ではいろいろ。
彼らの過去現在未来
どこまで書いてあげられるかwww

大丈夫。。。だと思うwww

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://eroist.blog11.fc2.com/tb.php/666-be48bdce

トラックバック

お尻「愛」でおめでとう♪

【おめでとうなの☆】盛大なコラボの主催!終了直前からの「働きマンモード」に入っている着エロイストBLOG  eroist王子80まんこえオメデトー♪あれだけのコラボから、休み

カウンターアトラクション

綺麗レーベル
日々来場ご感謝なり♪

アダルト検索エンジン登録支援ツール
Yahoo!ブックマークに登録Yahoo!ブックマークに登録

おすすめ情報

バナー置き場


2009-150x150banner
150x150pixel
2009-150x50banner1 150x50pixel
リンクフリーです。
バナー使ってくださいましw

ともだちんこうしん情報

プロフィール

eroist

  • Author:eroist
  • capsule Perfume 中田ヤスタカ YMO 80kidz 宇多田ヒカル 椎名林檎 布袋寅泰 MEG 鈴木亜美 ONEPIECE BLEACH NARUTO FFⅦ 西尾維新 京極夏彦 海堂尊 BEARBRICK お姉ちゃん 尻 S 着エロ

    リンクフリー大歓迎!
    おてまみもくださいね!




    〓 パコパコサーチ 〓
    バスティー東京
最近のコメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

動画系サイト様

動画系アンテナサイト様

画像系サイト様

フェチ系サイト様

個人エログ様

Appendix


4大ライブチャット生実況!

FC2ライブ

DX Live


EX SHOT


カリビアンコムガール


見てるだけでもいいことあるかも?
気に入ったコいたら即インすべし!

自動アクセスランキング

アクセス解析

画像系サイト様 更新情報